2016年4月22日金曜日

金井工芸の手仕事


金井工芸の手仕事

2016.4.29 fri---5.15 sun

かまわぬ浅草店  2F 「piece」

かつて染物は、日本の暮らしの中でとても身近にありました。江戸時代には町のあちこちに紺屋(こんや)と呼ばれる染物屋がありました。

なかでも藍を扱う紺屋では、汚れたり、色あせた着物や布を持っていくと、その場で藍瓶に入れて染色し、手渡したと言われています。
それほど染め物が気軽で身近なものであり、

物を長く大切に使う先人にとって重要なものでした。時代とともに、染め物が日常の中から消えつつありますが、染め物は着物などの
高価なもののためだけにあるのではなく、私たちが日々使うものに染め、自由に楽しく使ってこそ、その価値は生きていくのだと思います。

 この度染色を行って頂いた金井工芸さんは、本場奄美大島紬の泥染めを担い、古来より奄美に伝わる伝統技法泥染めをはじめ
天然染色を行っています。島に自生するシャリンバイと鉄分を多く含む泥田の泥を用いる技法は、他にはない奄美特有の染色技法です。

 本展ではイラストレーターやメディア、アパレルメーカー、クラフトマンなど様々なジャンルの方々にご協力をして頂き、
金井工芸と共に制作した日々を彩る品々を販売いたします。
奄美の大自然と先人の知恵によって生み出された技法を今に伝える美しい手仕事と、染めの楽しさを身近に感じて頂けたら幸いです。

 

 

出展者


岩野彩 / 塩川いづみ / デポ・リュテス / ecocolo / G.F.G.S / Landscape Products

LIGHT YEARS / lima / PAPERSKY / TEMBEA / 金井工芸

 

 

トークショー


5月6日(金)19002000 『奄美のこと、染めのこと、これから』

話:金井志人(金井工芸)     参加費:無料

聞き手:森下和昌(かまわぬ)   参加人数:15

 

 

泥染めワークショップ


金井さんのご指導のもと泥染めを体験して頂きます。汚れたり色あせてしまったお気に入りの物を、泥染めをして新しくよみがえらせてみませんか?

 

*染める物はお1人につき2点まで。Tシャツ程度の分量の物まででお願いいたします。

*染められる物は天然素材の布製品(シャツ・Tシャツ・エコバッグ・スカーフ等)です。ゴム、樹脂、ビニール等で

 コーティングされた物は染められませんので、ご注意ください。

*汚れても良い格好でお越しください。手袋やエプロンはご用意いたします。

*染めた物は、洗って当日お持ち帰りして頂けます。

 

5月5日(木) ①11001300(定員6名) ②15001700(定員6名)

講師:金井志人(金井工芸)    場所:かまわぬ浅草店2F

参加費:4000円+税

 

*トークショー・ワークショップに参加ご希望の方は、事前のご予約が必要となります。

 

 

会場


かまわぬ浅草店 2F “Piece”

111-0032東京都台東区浅草1-29-6

TEL03-6231-6466

OPEN 10301900

 


かまわぬホームページ http://www.kamawanu.co.jp/information/page_1007.html

かまわぬFacebook https://www.facebook.com/kamawanu.f